人物着彩(ヌード)

  • 2019.02.08 Friday
  • 19:35



 10月の課題は「人物着彩(ヌード)」でした。静物画や石膏デッサンとの大きな違いは、モチーフが生きているということです。静物画の場合は、描き手がモチーフを見つめる訳ですが、人物画の場合は、モチーフから見つめ返されるという状況になります。まさに人間対人間の、緊張感あふれる空気がアトリエに張り詰めます。





Marie Bashkirtseff "In the Studio"1881


 上図は、パリのアカデミー・ジュリアンで行われた人物画の授業の様子を、画家マリ・バシュキルツェフが描いたものです。当時の画学生たちの勉強の様子がよく伝わります。


 芸術家は大昔から、人間を表現の対象にしてきました。しかしそれは、ただ人体を解剖学的にとらえるだけでなく、人間の精神性や、存在そのものといった哲学的側面にも光をあてようとする試みであったと言えるでしょう。





制作風景(本科午後クラス)





講評会(本科午前クラス)





生徒作品(中学3年生・受験コース)





生徒作品(大人・上級コース)





生徒作品(大人・受験コース)





生徒作品(大人・上級コース)





生徒作品(大学院生・中級コース)





生徒作品(小学3年生・初級コース)





生徒作品(小学4年生・初級コース)





生徒作品(小学4年生・初級コース)





生徒作品(中学1年生・中級コース)





生徒作品(大人・初級コース)


 
今、街ゆく人々は皆スマホに目を落としながら自分の世界に浸っています。歩いていても、電車のなかでも、自転車に乗っていてまでも・・。もうこれは完全に病気です。身体は外に居ながらにして、心は内に引きこもっています。私はよくこのような場面に遭遇します。私の正面からスマホに目を落とし、黙々とこちらに向かって歩いて来る人がいました。私はこの時、ふとこう思いました。「この人は私がどこまで近づいたら、私の存在に気づくのだろうか?」いたずら心に火が付いた私は、わくわくしながら一歩一歩正面から近づいていきました。すると約5mほどまで近づいた辺りから、その人はスマホの画面を見ながらも、ちらちらと、こちらを見始めました。しかし、そのまま私に気づかぬふりをして、うつむいたまままっすぐ突進してきました。そして、私がよけてすれ違いました。


 私はこの人には2つの問題があると思いました。一つは先にも述べた病気にかかっているという問題です。今年の5月に世界保健機関(WHO)は、このようにスマホやゲームにのめり込み、日常生活に支障をきたす症状を「ゲーム障害」と正式に認定することを決定しました。ゲーム障害の人の脳は、理性をつかさどる前頭前野の働きが大きく低下するなど、薬物などの依存とよく似た状態になるそうです。


 そして二つ目の問題は、対人障害です。重度ではないにせよ、今世の中の人々多くは、他人や社会そのものに不安や恐怖を感じているように思います。私に突進してきた人も、前から他人が近づいていることを認識していながら、(緊張が原因か、あるいは怠慢が原因かは分からずも)自らよけるという行動を封印し、他人によけてもらうという選択をしました。自分の意思を無にして、周囲の人々の意思に依存するという異常性を感じます。しかし、その周囲の人々でさえ、その多くがこのような症状が発症しています。今の日本は「閉塞した時代」と言われてから随分時が流れましたが、人々の心はスマホというアイテムをよりどころにして、ますます外界(他者)と隔絶していっているのではないでしょうか。


 人間にもっと関心を持ってみましょう。まずは隣にいる人を見つめてみましょう。そして魅力を感じてみて下さい。人間は美しいものです。人間の本質的な美に気づくことができれば、自分が美しいという事にも気づくはずです。そうすれば、人間同士お互いが尊重しあえる関係が築けるのではないでしょうか。街は美にあふれています。うつむいてスマホの画面ばかりを見ずに、顔をあげてあらゆるものに関心を向けてみましょう。

 

 芸術には社会を、そして人々の心を潤す力があります。今回、アトリエで人物を描いた皆さんが、少しでも人間の美しさを感じて頂けていれば幸いです。



 街ですれ違う人々が、微笑んで道を譲りあう日が再び訪れることを願います。かつての日本がそうであったように。





絵画教室下落合アトリエ


講師 村尾 成律


www.shimorie.com

PR

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
2425262728  
<< February 2019 >>

selected entries

archives

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered by

無料ブログ作成サービス JUGEM