静物デッサン(浮輪と発泡スチロールの立方体のある静物)

  • 2018.12.20 Thursday
  • 15:57

モチーフ
 
9月は全コース共通「静物デッサン」です。4月以来、5ヶ月ぶりのデッサンですね。今年度は着彩の課題が多いので、数少ないデッサンの課題で、再度じっくりと基本の見直しを行います。
 今回のモチーフは、球体・立方体・円柱といった、ごくシンプルな形体がシンメトリーに配置されています。まずは何を表現するのかというねらいを定め、それに沿った良い構図を選びましょう。そしてそれぞれの質の違いを活かし、いかに魅力的な画面を構築できるかがポイントになります。

制作風景(本科夜間クラス)

制作風景(本科夜間クラス)

講評会(本科午前クラス)

講評会(本科午後クラス)

生徒作品(大人・上級生)

生徒作品(大人・上級生)

生徒作品(大人・上級生)

生徒作品(中学3年生・上級生・受験コース)

生徒作品(中学2年生・上級生)

生徒作品(中学1年生・中級生)

生徒作品(小学3年生・初級生)
 ここに挙げた作品は、どれも構図や描写に長けていて、ねらいも分かりやすく、とても見やすいものになっています。例えば文章でも、やみくもにだらだらと長文を書き連ねれば、結局意味が伝わらず、ひどく退屈で、読むに堪えないものになります。絵も文章と同じで、ねらいも無くだらだらと手数を入れても、見るに堪えないものになってしまいます。とかく絵画は、描写力ばかりが大切だと思われがちですが、実はそれ以上に構成力が大変重要なのです。まずは、人が見落としそうな小さな美に気づいて、それを表現するための構成を考えてみましょう!



絵画教室下落合アトリエ

講師 村尾 成律

www.shimorie.com

スポンサーサイト

  • 2019.04.04 Thursday
  • 15:57
  • -
  • -
  • -
  • スポンサードリンク
コメント
コメントする